メニュー

よくある質問(小児、成人)

Q:予防接種は、その病気にかかりたくない人だけが受ければよいのでは?

A:予防接種の原則は、「自分(子供)がかからない、家族や他の人にもうつさない」です(私見ですが)。前もって予防接種うけておけば、かからないか、かかっても軽くすみ、免疫も自然にかかったのと同程度強まります。

また、予防接種を受けたくても病気や年齢などを理由に受けれない人もいます。そのような人達に病気をうつさないようにするためにも予防接種を勧奨します。

 

Q:子供の予防接種は必要なものだけを受けたいです。

A:予防接種のある病気は、かかってしまうと重症になりやすいものが多いため、「受けなくてよい」とは言いません。

しかし、あえて優先順位の高いものをいえば、0歳ならHibワクチンや小児用肺炎球菌ワクチン、1歳以上ならMRワクチンです。それ以外の予防接種については、そのあとでゆっくりと考えていきましょう。

 

Q:予防接種によっては、副作用(正しくは副反応)が心配です。

A:予防接種の副反応はゼロではないので、心配に思うのは当然ですね。副反応のほとんどは熱が出る、注射の場所が腫れるなどという軽いものなので心配する必要はありません。

ワクチン自体にも改良が重ねられていますし、予防接種の後に他の病気の症状が紛れ込んでいることも少なくありません。このような場合、副反応ではありませんが、区別するのが難しいので副反応と判断されることもあります。

 

Q:予防接種を受けても免疫がつかないことがあるのでは?

A:予防接種の効果は100%ではありませんが、多くの場合はつくと思って差し支えありません。極論ですが、かかっても軽くすむと思ってください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME