メニュー

橋本病、甲状腺機能低下症

橋本病

自己免疫により甲状腺に慢性炎症が起こります。その結果、甲状腺ホルモンの合成機能が低下し、甲状腺機能低下症の主な原因になっています。甲状腺が腫れてきます。

甲状腺に自己免疫が起こる原因>

遺伝的な要素があります。また、環境要因として出産や大きなストレス、ステロイドなどの薬を服用した後、それにヨードの過剰摂取があります。

症状>

寒がり、便秘、体重増加、むくみ、物忘れがひどいなどの症状が現れます。

症状の程度は、個人差が大きく、症状を自覚していない方もいます。しかし、そのような方でも、治療によって甲状腺機能が正常になると体調が比較的良くなることがあります。

治療>

合成甲状腺ホルモンであるT4製剤(チラーヂンS)を内服します。甲状腺機能低下が一過性で自然に回復することがあるため、そのようなケースでは無投薬で経過観察することがあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME