メニュー

かぜ

最も頻度が高い呼吸器感染症である。軽い鼻症状が主体の普通感冒~全身症状の強いインフルエンザまで、様々なものが含まれるが、80~90%がウィルス感染によるもので、通常は自宅療養で1週間以内に自然治癒する。主な感染経路は、飛沫感染や手指を介した接触感染であり、予防が重要である。

原因

・原因として最も多いのはウィルスであり、80~90%を占める。

・そのほか、マイコプラズマ、一般細菌、クラミジア、非感染性因子(寒冷やアレルギー等)が原因としてあげられる。

・ウィルスの中ではライノウィルスが最多である。これに続くコロナウィルスと合わせると約半数を占める。

・季節により原因となるウィルスは異なる。春と秋に多いのはライノウィルスで、冬に多いのはコロナウィルス、RSウィルス、インフルエンザウィルスである。

治療

自宅療養で自然治癒することがほとんどであるが、実際には、症状を抑える薬を併用することが多い。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME