メニュー

慢性便秘症の最新治療

慢性便秘症とは

慢性便秘は下記の如く、原因がはっきりしている便秘と、原因がはっきりしていない便秘にわけられます。

キャプチャ7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、新しい便秘薬が処方できるようになりました。

規則正しい排便を期待する方、多量の下剤を使って効果が薄れてしまった方や、これまでの薬では効かなかった方に新しい提案ができると思います。

 

 最新の便秘薬

リンゼス

リンゼスは腸管の分泌液を増加させ、腸管の動きを活性化させる便秘薬です。

作用>

これは、安全性の高い便秘薬です。なぜなら、ほとんど吸収されないためです。また便秘による腹痛などのおなかの症状を緩和させる作用があります。

これまでの便秘薬では、便秘解消に至らなかった方にお勧めです。

機序>

腸管のグアニル酸シクラーゼC受容体に結合し、腸管の分泌液を増加させ、腸管の動きを活性化させる。

長所>

安全性に優れます。なぜなら、ほとんど吸収されないためです。酸化マグネシウムに認められた高マグネシウム血症を認めません。大腸刺激性下剤で認められた耐性も起こりません。
便秘による腹痛などのおなかの症状を緩和させる作用があります。

 

アミティーザ

作用>

腸内の水分分泌を促進し、柔らかい便にする薬です。

これまでの便秘薬は大腸に効くため下痢になることが問題でした。アミティーザは小腸に効くため、便を丁度良い柔らかさにして排便を促します。よって、硬い便の慢性便秘に効果があります。

キャプチャ8

服用法>
1錠/回で2回/日食後に服用します。

便秘時に服用するのではなく、定期的な服用します。

 

注意点>
食前服用により吐気が出る可能性があるため、指示通りで服薬しましょう。

アミティーザ服用を避けるべき方>

・妊娠中または妊娠している可能性がある

・腸閉塞、またはその疑いがある方

・薬の成分に対してアレルギー症状を有する方

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME