メニュー

長引く咳の治療

長引く咳の治療

急性咳嗽と慢性咳嗽

急性咳嗽>

原因の多くは呼吸器感染症である。継続期間は3週間以内である。

・かぜ ・細気管支炎 ・急性肺炎 ・胸膜炎 ・気管支喘息 ・うっ血性心不全 アレルギー性鼻炎

 

慢性咳嗽>

原因の多くは非感染性疾患である。継続期間は8週間以上である。

・咳喘息:明らかな喘鳴がなく、咳嗽のみを症状とするが、気道反応性の亢進を認める喘息。治療は通常の喘息と同様に、気管支拡張薬やステロイドが著効する。

・アトピー咳嗽 ・後鼻漏症候群 ・COPD ・副鼻腔気管支症候群 ・肺癌 ・間質性肺炎 ・肺結核 ・薬剤性咳嗽 ・胃食道逆流症(GERD)

 

急性・慢性咳嗽のいずれも、早期治療が必要な場合があります。放置せずにお近くの医療機関を受診してください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME